購入とは異なる強み

コピー機

初期費用を抑えられる

事業のためにコピー機を導入する場合、新しく購入するのであれば初期費用が大きくかかり、保険などの手続きも大変です。そんな時に利用できるのがリースサービスで、購入ではなく借りるという形を選択することで、保険やメンテナンスを含めた様々な負担から解放される可能性があります。複数のメーカーからコピー機を取り寄せているリースであれば、その中から希望の製品を選択することで、使用環境そのものは購入した場合とほぼ同じにできます。リースは一般的なレンタルとは異なり借りる時期があらかじめ決まっていて、その間は使用を続ける必要があります。コピー機であれば大体5年前後の期間が基本で、解約することができない代わりに機種の変更は可能である場合が多いです。リースの料金は機種ごとに設定されていますが、それとは別にカウンター料金というものがあります。コピー機にはカウンターが内蔵されていて、どれだけの作業を行なったかが把握できるようになっています。それに合わせて料金が上下し、使用した分だけ支払うという考え方です。また利用する期間が長ければ長いほど支払う料金は累積されていくため、同じ製品を長期間使用し続けるのであれば、購入する場合と逆転するタイミングがやって来ます。そのためいつまでもリースを利用し続けるのではなく、購入を視野に入れるのもひとつの選択肢です。ただリースで新しいコピー機に随時交換できるのであればその限りではなく、保険やメンテナンスも含めたサービスとも捉えられます。

Copyright© 2019 コピー機などのオフィス機器は借りるだけの手間なしができる All Rights Reserved.